浜松上陸



急に思い立ち、豊橋のももちゃんを誘って浜松へと。

(突然の誘いなのに付き合ってもらえて感謝)
遠いイメージがあるけど、浜松は一番近い静岡。

まずはnaru蕎麦でごはん。今日は祝日だったので平日ランチはなし。
お昼でも単品メニューが頼めてうれしい。私は胡桃タレ蕎麦。
蕎麦豆腐と野菜の春巻きは半分こ。一品メニューもおいしいのです。

帰る頃、外にはずらりと行列が...早く来て良かった!



 


 

 

お腹いっぱいになってからトコトコ歩いて鴨江アートセンターというところへ。
ここで若木信吾さんの写真展「XX(ダブルエックス)」本日最終日です。(だから来ました)

古くてかっこいい建物の中にラフに飾ってある写真たち。
これまでに出版された17冊の作品集を中心に展示されているそう。

若木さんのお爺さんのポートレートはよく知って見てましたが
そのお爺さんが病院で亡くなった後からお墓に入るまでの一連の写真を初めて見て
その場の空気を切り取って残す写真ってすごいなあと改めて思ってしまった。
若い頃の線の細いARATAや伊勢谷くんの写真を見てもそう思ったけど。

だから私は写真が好きなんだけどね。

私もiPhoneばかりじゃなく、ちゃんとカメラで撮らなくちゃな...




 

 

その後念願の「BOOKS & PRINTS」へ。
私たちがお店に着いてすぐに若木さんも入って来られて小さく興奮...
本を買った時にサインをしてもらいました。
サインしてもらうなら写真集かしら、と迷ったけど

文章が読みたくてこちらの本にしました。

そしてお店にあったかわいいデザインものが「Bob Foundation」のものでした。
何年か前に装苑のニューカマーで見て気になって切り抜いていた人たちだ!
と、そこで初めて一致する。(今は本も出したりとご活躍中でした)

しかもちょうどその場にいらした女性がその方で
私が本と一緒に買ったノートもその方のデザインらしく

(そして買ったこの本の表紙イラストも!)
「わーありがとうございます!」と言ってもらえました。いい方!

その後お店を出る時には若木さんに浜松界隈のコーヒー屋さんを

いくつか教えてもらいました。
やさしいしやっぱりかっこいい方だなあ...と若干宙に浮きながらその場を後にしました。

その場だと緊張と動揺で言葉がうまく出てこないのがいつも悔やまれるのだけど
ほんとはとてもうれしかったのです。あああ、伝えられないなあ。
でもその場で言えたとしてもきっと嘘っぽくなるんだよなあああ。