くるり「NOW&THEN VOL.2」Zepp名古屋


 

 

美しい青空の美しい日にくるりのLIVEに行きました。
「TEAM ROCK」と「THE WOLRD IS MINE」の完全(←ここは小声で)再現ツアー。

この2枚は私が専門学生の頃にたくさん聴いていたので思い出がたくさん詰まっております...なのでとても楽しみにしてました。

なぜか名古屋に戻って来てからくるりのLIVEはやたらと早い番号で取れているので
今回もまた最前列で見ることに!(でもちょっと端の方だったけど)

アルバムの曲順でずっといくのかと思いきや
途中で違うことになったり、ああここでここに繋がるの!という流れになったり
でも一貫して今のくるりのアレンジで聴かせてくれて、とても素晴らしかったのでした。

もうねえ、ほんとこの2枚は大好きだよね!と改めて思いました。
そして改めてこのアルバム(TEAM ROCK)を繁さんが25歳位で作ってることに驚くのでありました。

今回いちばん楽しみにしていたのが今までLIVEで聴いたことのない「カレーの歌」で
再現LIVEなんだから絶対やるだろうと、もしやったら泣いちゃうな、と思っていたのに
本編中はなくて、それなのに「ほぼ全部やりました」と繁さんが言った時は
「え!やらないの?」と焦りましたがアンコールでやってくれました。
繁さんのピアノ弾き語りで。もちろん泣きましたよね。
「ピアノ習ったことないから」と言ってる通り、鍵盤を弾いてる指がまっすぐで
(基本は卵が中に入る指の型ですからね)
でもそのたどたどしさのようなものがさらに曲を切なくさせてまた泣けました...

しかもそれまで他の会場ではやってなかったのにリクエストが多かったからか練習したみたいで。ああ、聴けてほんとに良かった。

MCでは(やはり)電車の話になり、「リニモがあるじゃないか。ほら、藤が丘から出てる」
と言ってくれた時は「わわわ!」とテンションが上がりました。(我が駅なのだ)

そんなこんなでくるりは毎回新しい音を聴かせて見せてくれるのでLIVEが最高なのです。
行く度に飽きることなく好きになる、素晴らしいバンドです。

LIVE中は一人の世界で観てましたが、終わってから観に来てた友達2人と合流し
3人でわーわー言いながらお茶してごはん食べました。
楽しかったなあ!

明日はいよいよくるりとミスチルの対バンです。ドキドキ。