ワークショップ「空も飛べるはず」at カイツブリの塔



熊谷さんとワークショップについての話をしていた時に
ふと熊谷さんの口からスピッツの歌のタイトルが出てきて
「私、スピッツがいちばん好きなアーティストなんです!」とふるふる興奮しながら答えました。
(その時バックで流れていた訳ではなかったのですがね)

そんなスピッツのタイトルが付いたワークショップです。

最近、展示をする度にひそかな人気がある布クッションでモビールを作りますよ。
みんなそれぞれ自分の分身を作って一緒に空を飛びましょう。

具体的に何を作るのかというと...

自分の分身を見立てた人形1体と、好きな形のものを2つ作り、最後にその3つをつなげてモビールにします。

 

人形は私が用意したベースの形をもとに (↑これです)お好きな顔や服の模様 (もちろん服じゃなくてもいいですよ!)
を絵の具やペン、動眼やフエルトのパーツ (こちらで用意します)を使って描いてもらいます。

もし絵が苦手なのです...という方でしたら、私がご本人をイメージして顔を描いたりもしますよ〜

 

下にぶら下げるものは私がペイントした柄の布やカラフルな色布からお好きな布を選んでもらい
好きな形に切って、綿を詰めて、手縫いで小さなモチーフを作ってもらいます。

その3つが出来たら最後に糸で繋げる、という内容です。

青砥さんのコーヒーを飲みながらたのしく縫い物をしましょう!


カイツブリの塔の熊谷さんが書いて下さったテキストはこちらです↓
予約の詳細も下にあります。

どうぞよろしくお願いします。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

カトウジュリ ワークショップ『空も飛べるはず』
 

夢見るとか、そんな暇もないこの頃かもしれないけれど、
すこし自分の手を動かすことで、きっと、空も飛べるはず。
たとえば地上で見る町と、展望台から見る町が違って見えるように、
すこし自分で行動を起こすことで、何かが変わる。

絵描きのカトウジュリさんとモビールをつくるワークショップを開催します。
布を選び、色を塗り、夢をつめ、糸で縫う。

つくるモビールは自分の分身をふくめて3体です。
トリオのモビールを空に浮かべたら、どんな気持ちになるでしょうか。

小さな力でも、ありふれた素材でも、表現という魔法をつかえば、あらゆる現状から飛び立つことができる。

”君は何してる?笑顔が見たいぞ”(草野正宗『魔法のコトバ』)

昼の部:13時30分〜15時30分

夕の部:16時〜18時

*それぞれ15分前から受付開始します。

*定員はそれぞれ10名様ずつです。

会場:名古屋テレビ塔3F特設会場・カタラクシーの市のなかで

料金:3500円(uneclefとchirimuloの焼き菓子&旅ベーグルのベーグル&青砥のお飲物付き)/カイツブリの塔メンバー500円オフ

持ち物:基本の裁縫道具(ハサミ、糸切りばさみ、縫い針、まち針、糸)

*素材となる布や画材はカトウジュリさんが用意してくださいます。

*足りない道具や糸などは皆さんで貸し借りなどして進めていきましょう!


申し込み予約詳細はこちらから