「グラスホッパー」を観ました


 

 

実は今日はその前に「暗殺教室〜卒業編〜」を友達と観に行きました。
泣く、と聞いていたので最近映画ですぐ泣く私はどうなるんだ!と
思っていたのだけど...全然泣けなかった...

なんでだろう、リアルじゃないからなのかな...
殺せんせーはニノが声をやっていたとしてもね
やはり現実にいない人なので(そんなこと言っちゃだめだけど)
どんなにすごい撮影をしていてもどこか映画に入り込めない私がおりました。

カルマはかっこよく、渚くんはかわいかったのだけどね。

そんな訳で若干不完全燃焼な私は帰ってから「グラスホッパー」を借りてきました。

映画を観ながら、山田くん中高生のアイドルなのによくこんな殺し屋なんて役を...!と思ったけど
生田くんだってジャニーズでした。そう、そんなこと一瞬忘れてしまう位の生田くんの演技力。
あんなにイケメンなのにあの演技でそう見えないのがすごい!

そして私が10代の頃から憧れの浅野忠信氏と村上淳氏が揃って出ており
その中に私の現アイドル山田くんがいるという光景は
かつて「H」愛読者だった者としては感慨深いものが...




 

 

↑これね。今でもちゃんと持ってるよ。2001年4月号だって。





「蝉」を演じた山田くんが良かった!
小柄で運動神経良くてピッタリな役。この役の彼に日本アカデミー賞新人賞を!
(あ、違いましたね)
私はきっと悪い役が好きなんだな。
でもただ悪いだけでなく、実は優しいっていう設定が。

終始恐怖しかない菜々緒もすごいな。あの方は悪い役がほんとに似合います。
麻生久美子さんや吉岡秀隆氏は相変わらずの存在感と安定感。

ハードな映画だけど最後は涙ほろりで面白かったのでした。


 



エンディングではYUKIちゃんの「tonight」が心を落ち着かせてくれます。
(今これ書きながらずっとリピートして聴いてますよ)

ちなみに「グラスホッパー」は「トノサマバッタ」のことですが
スピッツが所属しているプロダクションの名前でもあります。
(そしてスピッツの歌にも「グラスホッパー」はあります)

まあそんな訳で個人的に色々な想いが込もった映画でした。
返す前にもう一度観よう。