「リバーズ・エッジ」を観ました

 

 

21時からの回へ。

(なので映画館はガラガラでありました)

 

吉沢亮くんのビジュアルを見た時に「山田くんだ!」と思って

それで映画観に行こう!と思ったのでした。

 

いや、ほんとかわいい子だ.....

 

役柄で全然変わる森川葵ちゃんにも毎回驚かされる。

(前にもそんなことを書いたような)

 

しかしやはりふみちゃんの演技力。

すごいなあ。強いなあ。

 

映画は基本的に漫画に忠実でありました。

(服装とかもちょっとダサくてとても懐かしい感じ)

 

「溺れるナイフ」を観た時も思ったけど

こういう映画を18歳くらいの自分に観せたかったなとも思う。

きっとわかんないこともあったりするけど

そのよくわからないことも含めて強烈な印象を残して

ずっとその印象を抱えて想い出の映画になるであろう。

 

(だから今その年齢でこの映画が観られる子が羨ましくある)

 

+

 

最後に流れたオザケンの「アルペジオ」でグッときました。

 

 

 

 

映画の前はミッドランドのバカナルでレモンタルトを食べました。

 

ツンツンは名古屋でも健在。

 

フレッシュいちごジュースは店長が持ってきてくれました。

うれし。