さささと京都へ Day1

 

 

バスで京都へ。

 

到着したのは11時近かったけど、まずはイノダコーヒーからスタートだ!とお店へ向かう。

今回は初の三条支店へ。(いつも本店に行ってた)

憧れのカウンター席は空いておらず。

でも1人だし、カウンターはちょっと緊張しちゃうかしらとテーブル席へ。

 

言ってももうすぐランチになるし、コーヒーだけにしようかなと思ったけど

「すいません、やっぱりトーストも!」とオーダーしたら

なかなか立派なトーストが出て来ちゃった。

(これ、2枚重なってるのです。内側にバターが塗ってあって。)

 

イノダコーヒーで、ホールをされてる男性の

お客様に対する接し方が老舗感出ていて素敵だわあと思いながら見てました。

 

 

 

 

行く前日に友人に「京都のおすすめのお店教えて〜」というお願いをしたら

(いつも同じとこに行きがちなので)

いくつか教えてくれて、その中から「ここ知らない!」というお店へ。

ブリトーのお店「QUÉ PASA ケパサ」。

京都でブリトーというのも新鮮だなあと。

 

12時半過ぎに着いたらお店の前に人だかりができていたので

少し時間を置こうかなと、その近くにある「誠光社」さんへ。

 

 

 

 

入ってすぐにおみゆちゃんの「時光」(旦那様の島田大介さんが撮った写真集)が並んでいて

これなかなか買えないやつだ!と思って欲しいなと思って迷ったけど結局買わなかった...

 

そして高山なおみさんの新しい料理本も良かったけどこの厚みの本を京都で買う訳にいかないと

冷静になってやめた。でもこれ絶対名古屋戻ったら買う!

 

しかしせっかくここに来たなら何か買いたいな〜と散々迷った末

益田ミリさんの新刊を購入しました。(その夜寝る前にほとんど読んでしまった)

 

で、再びケパサに行ってみたら席が空いていたので(時間ずらし成功)

ブリトーは肉より野菜だなとベジタブルにし、お店のお姉さんがお勧めしてくれた

ワカモレをトッピング。ハーフサイズにしたけど十分なボリュームだった!

(今ふと「麻布十番のあの店はまだあるのかな〜」と思って調べたら健在でした。“フリホーレス”)

 

食べてる間もお客さんがどんどん来ていたのでさくっと食べてさくっと帰りました。

お店の方も感じよく(初めてのお客さんに感じよくしてくれるのって本当に大事)

また来たいな〜と思うお店でした。ほくほく。

 

お次は寿ビルヂングへ。

 

京都TOBICHIで開催中の福田利之さんの作品展を観に行きました。

 

 

 

 

福田さんの作品見るの久しぶりだなー!

スピッツの「魔法のコトバ」のジャケットの絵にもまた会えましたよ。

 

そしてその絵の左上にある絵は以前見た時もすごく好きでずーっと見ていた絵。

なんとまだ売約済みシールが付いていない状態だったので

「え!買える!」と思って、じっくり見て、他の作品も見て、やっぱりこの絵が好きだなあと思って

(福田さんの好きな作品はたくさんあるけど衝動買いしたくないという想いがあるので)

うーんと考えた結果「これください」とスタッフの方に声を掛けました。

 

「この絵いいですよね!」とスタッフのお二人にも言われながら諸々の手続きを済ませ

そろそろ福田さん現れるかな〜と思いつつ

(実はたまたま福田さんも京都に来ていることをインスタで知り、連絡していたのでした)

隣の「メリーゴーランド」さんにいたらお店の方が「福田さんいらっしゃいました!」と

声を掛けてくれたのでまたTOBICHIに戻ると福田さん(と、そのお仲間のみなさま)がいらしたのでした。

 

「絵を買ってしまいました」と報告。「また買ったの!」と言われましたが(笑)

私が選んだ絵は福田さんもお気に入りの絵だったそうで、それ聞くと余計嬉しくなりました。

 

ちょろっと喋って退散。思いがけず京都で会えて良かったです。

 

そして再びお隣の「メリーゴーランド」さんへ。

あっちゃんと仲良しである鈴木潤さんの著書を買わせて頂きました。

 

 

 

 

潤さんに「サインしてください!」とお願いしてサインしてもらいました。てへ。

ちなみに右はTOBICHIで買った来年の手帳です。(今年は今までで一番買うのが早い!)

 

そしてTOBICHIを出てからはついにAce Hotel Kyotoに行きました〜

 

 

 

 

これはエレベーターホール。

 

go toキャンペーンがなかったら庶民の私はなかなか行けないであろうホテル。

ありがとう、goto。

 

 

 

 

 

 

 

置いてあるお水までオサレです。

 

 

 

 

そして私が感動したのはアメニティのこの歯ブラシでした。

プラスチックじゃない!!

 

とにかく隅々まで素敵なお部屋でした。

 

 

 

 

左がカードキー。「おいでやす〜」。右がMAP。

 

 

 

 

お部屋にレコードとプレーヤーが置いてあり自由に聴けます。

このジャケットの絵ってもしや?と思ったら好きな作家さんのものでした。運命!

 

 

 

 

ART WORK - NiGEL PEAKE と書いてあります。

 

 

 

 

ベンチに座ってしばしレコード鑑賞。

ユーミンのレコードもあったんだけど、それがすごく良かったなあ。

(“中央フリーウェイ”とか“14番目の月”が入ってるレコードでした。)

 

 

 

 

18時頃、再び外へ。

 

名前はずーっと知っていたけど未だ行ったことがなかった「KAFE工船」へ。

近くのバス停で降りて、どこかなと思ったらふわっとコーヒーの香りがした。

顔を上げたら「きっとあそこだ」という窓が見えた。

 

(夜の中に灯るオレンジの光が好きだなあ。)

 

本を持って行き、カウンターでカフェオレと共に。

贅沢時間...

 

小一時間ほどいて、歩いてホテルまで。

 

お腹あまり空いてなかったけどせっかく地域共通クーポンがあるし

ホテルの中にあるレストランに行こうかなと1人で行ってみる。

PIOPIKO」そこもメキシカンなお店。笑。

 

ランチに続いてまたトルティーヤチップスを食べました。

(でも今回は自家製!)

 

めちゃオサレなバーカウンターでノンアルコールを。

(オサレすぎて写真撮れなかった。笑)

 

 

 

 

部屋に戻って大きなベッドで本を読んだり、

YouTubeで何度目かのスピッツ「横浜サンセット」を観たり。

 

幸せすぎる時間でしたー。